So-net無料ブログ作成

失恋ショコラティエ ネタバレ 最終回 原作 第2話 [テレビ]

スポンサードリンク

最終回を目前とし盛り上がりを見せてきた石原さとみ 松本潤 主演 「失恋ショコラティエ」
そこで今回は今までの話の細かいところを少し忘れてしまった方の為に、
あらすじを振り返っていきたいと思います^^

最後には此処でしか見ることが出来ない秘蔵映像、スタッフの裏話があるかも!?
第2話

ついに爽太(松本順)はかねてからの夢であったチョコレート専門店「ショコラ・ヴィ」を回転せることができた。
開店と同時に店内は女性客で埋め尽くされ大変、賑わっていた。
午後になると紗栄子が店にやってきた。

サエコの来店にテンションが上がる爽太、店内にある数多くのチョコレートに胸を躍らせる紗栄子。
すると、爽太は急に紗栄子に冷たい態度をとるのであった。

その態度が気になった紗栄子は爽太の気を引くためにワザと傘を忘れる。
が、薫子(水川あさみ)が気づき、届けてしまった。

そのことを爽太に告げると
「単にしっぽを振る愛玩犬ではダメだ。敷居を高くして、向こうが振り向くようにする」
と冷たくした意味を伝えられた。






そんなモヤモヤした気持ちが続いていたある日、
テレビで「ショコラ・ヴィ」のライバル店である六道(佐藤隆太)が経営する「リクドー」の特集が組まれていた。、それを見ていたまつり(有村架純)の元に、爽太が帰ってきた。気にしてはいないようだったが、タイミングが悪く紗栄子が来店してきた。


何でもリクドーからの帰りらしく「朝7時から並んだ」「六道は男前」「本物に出会ってしまった」などと大絶賛。
それに気を悪くした爽太は紗栄子に対して冷たくあしらうのだった。




とある日、「リクドー」の従業員が「ショコラ・ヴィ」に訪ねてきた。何でも六道の誕生パーティーに出席して欲しいとのこと。
爽太は薫子、オリヴィエ(溝端淳平)とともにパーティーに行く。
爽太と初対面の六道は、「以前から爽太のことが気になっていたの~」と親しげに声をかけてきた。

その口調、仕草から推測するに六道はどうやらオネェらしい。


そして誕生パーティーで爽太はえれな(水原希子)と出会う。
話していくうちにどうやら彼女も片思い中の相手がいるらしく同じ境遇の二人が
打ち解けあうには総時間ががかからなかった。

えれなは自宅に爽太を招き入れ甘い言葉誘惑してきた。
冷静になり一度は断る爽太であったがこれでは何も変わらない、成長出来ないと
思い立った爽太は一夜限りの関係を持ってしまうのであった。









スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。