So-net無料ブログ作成

STAP細胞 捏造 最新情報 [健康と医療]

スポンサードリンク

世間を騒がせている小保方氏 STAP細胞 ねつ造疑惑
についてわかりやすくまとめてみました^^


iPS細胞との違い、小保方氏が犯した罪の問題性、今後の方針など
最新情報をお届けします。iPS細胞との違い

山中教授が作製し話題になったiPS細胞とSTAP細胞はどのように違うのでしょうか


iPS細胞
遺伝子を導入し作製する
神経細胞、心筋などの人体ほぼすべての細胞になれるが胎盤にはなれない
再生医療にもちいるとガン化の恐れがある。



STAP細胞
酸性の溶液に浸し、外部からの刺激で作製する
胎盤含め、人体全ての細胞になれる
ガン化しにくい






と、このようにiPS細胞よりも作りやすいうえに胎盤の細胞になれる、ガン化の恐れが少ないなど
非常に優れている点が多い為、メディアの脚光を浴びたようです。

さらに、世間を騒がせた大きな理由としては小保方氏が女性であることが一番大きいのでしょう。
女性の社会進出が更に活発化している現代の日本において
全女性の更なる社会進出のシンボルとなったのはいうまでもありませんね。



09009e07.jpg
職業:細胞生物学者 独立行政法人理化学研究所発生・再生科学総合研究センター・細胞リプログラミング研究ユニット・ユニットリーダー 生年月日:1983年6月29日(年齢30歳) 出身地:千葉県松戸市 出身中学:松戸市立第六中学校 出身高校:東邦大学付属東邦高等学校 出身大学:早稲田大学理工学部応用化学科(AO入試) 最終学歴:早稲田大学大学院先進理工学研究科生命医科学専攻博士課程修了 2011年より理化学研究所研究員






ねつ造疑惑とは?

学術誌に取り上げられ、有名になった小保方氏とSTAP細胞ですが
多くの研究機関から疑問の声が上がり第三者の調査機関により研究内容について
徹底究明が行われ、問題があった場合は論文の撤回、「白紙」が決定するようです。




では、なぜ疑問の声が上がるのか?












STAP細胞に興味を持った多くの研究機関が小保方氏の論文を元に
STAP細胞作製を試みたようなのですが、何度やっても上手くいかない。
本当にこれは出来たのか?作製方法正しい?再現性に問題があるんじゃないの?っていう話です。




研究者が論文を書く際、実験手順は非常に重要で
何も知らない人でも作製できるくらいに分かりやすく丁寧に書かなければならず
それがされていなかったとなると論文に不備があると言えます。






無断引用



更に小保方さんの論文には、関連論文からの無断引用ではないかとされる項目が複数見受けられ
単純ミスの域を超えているようで非常に問題視されています。

また、小保方氏の論文には実験の際のSTAP細胞の画像があるのですが
これも他の論文からの無断引用ではないかと疑いが掛けられています。
41830c8d.jpg









複数の問題があることから理化学研究所は同論文の撤回申し入れを検討しているようで
その件に関しても小保方氏自身も受け入れる方針の模様ですので
今回、STAP騒動は嘘に嘘を重ねたものという結論に至ります。




この小保方氏は高校時代から付き合っていない男の子と
勝手に付き合っている思い込んでいたという情報もあるくらい
不思議ちゃんらしいので今回、その不思議ちゃんが発動してしまったんですねきっと笑

スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。