So-net無料ブログ作成
検索選択

進撃の巨人 考察 ループ

スポンサードリンク

こんにちは、もりちょです^^
みなさんは進撃の巨人という漫画ご存知ですか?
最近、アニメ化もされまして今、乗りに乗っている
漫画の一つです。
さて、その漫画について現在、ネット上でループ説ではないか?
などの様々な憶測が飛んでいるので一旦、まとめてみました。
よろしければご覧ください。

突如現れた多数の巨大生物「巨人」の侵攻により、人類は存亡の危機に瀕する。生き残った人間達は、三重に築かれた巨大な城壁内側に生活圏を確保することで、一時的な安全を得るに至った。

城壁による平和を得てから約100年後。城郭都市の外縁地区「ウォール・マリア」南端より突出したシガンシナ区にて、父・グリシャと母・カルラ、幼馴染のミカサと暮らす少年エレンは、親友アルミンと共に、幼い頃から「壁の外に出て世界を探検すること」を夢見ていた。

エレンが10歳を迎えた年、突如として現れた「超大型巨人」によりシガンシナ区の壁が破られ、多数の巨人が市街地に侵入する。アルミンの機転で助かったエレンとミカサだったが、2人の眼前で母・カルラは捕食される。ウォール・マリアは放棄され、ほかの難民と一段内側の「ウォール・ローゼ」内へ避難するエレンは、巨人の駆逐を心に誓う。壁の崩壊から2年後、エレン、ミカサ、そしてウォール・マリア奪回作戦の失敗で両親を失ったアルミンの三人は、第104期訓練兵団に入団し、対巨人戦闘術を学んでいく。

さらに3年が経過し、第104期兵団は修了・解散するが、その直後に再び超大型巨人が出現する。兵士たちは次々と命を落とし、立ち向かったエレンも捕食されてしまう。戦況は悪化の一途を辿り、ミカサ達生き残りの訓練兵たちも絶体絶命の窮地に陥ったその時、それまで誰も見たことがなかった「巨人を攻撃する巨人」が現れ、他の巨人を殺しつくした。その巨人が力尽きたかに思えた時、その体内から現れたのは、死んだはずのエレンだった。エレンの存在に危機感を抱く憲兵団や民衆は捕縛したエレンの排除を叫ぶが、調査兵団長のエルヴィンはエレンの能力を活かすことを考え、自らの配下に取り立てる。

母の死後まもなく行方不明になった父の言葉を思い出し、シガンシナ区奪還を目指すエレン。未曾有の存在となった彼の前途には、数多くの困難が立ち塞がっていた。
(ウィキペディアより抜粋)




とてもおもしろい構成となっており一度読んでしまうと
最後まで一気に読み切ってしまうほど引き込まれる漫画です。


さて、おおまかなあらすじをご紹介ししたところで
ネット上に飛び交っているネタバレ、考察、予想等をご紹介します。
(明らかになっている点もありますが読者間で予測された経緯もご紹介します)




1.進撃の巨人の知能型巨人について
ライナー=鎧の巨人

アニ=女型の巨人

ベルトルト=超大型巨人

であるという考察。


【根拠】
・ベルトルとライナーの共通点
まず この二人はウォール・マリア南東の山奥の村出身と言っており
正確にはどこの村の出身までとは言ってない。
しかも巨人が来たのに 生きている。(おそらく、住民全員が知能型巨人になり巨人を殲滅)


女型巨人やエレン巨人体を見すとスピードが並の巨人の比ではない。
ですから、仮にライナー(鎧の巨人)がその村からウォール・マリアまでたどり着いて
壁を破壊するこもは容易ではないのか?



・ベルトルト=超大型巨人という説
まず身長が登場人物の中で一番高いという点。
4巻の超大型巨人の話の描写に一番前に書かれている上に、
話している描写が異様に少ない。



ライナーとアニ(この二人は巨人ではないかという説がある)とつるんでいる。


さらに1巻をにある訓練成績のときに
2位ライナー
3位ベルトル
4位アニ
となぜか固まってます。 単なる偶然なのか…?

こういった読者の憶測が先日、あたりました!!
ベルトルトが”超大型巨人の正体だった”ということなんですねー


2.ループ説
作者自身が「マヴラヴ オルタネイティブ」をパクったと公言しております。


・2001年10月22日、主人公・白銀武は目が覚めると「並列世界」に放り出されていた。そこは数十年に渡る地球外起源種「BETA」との戦いで朽ち果てた柊町であった。何もかもが違う世界で成行きで国連軍に入隊した武は、その運命に翻弄されながら対BETAの切り札ともいえる人類救済計画「オルタネイティヴIV」に関る国連軍衛士として仲間と共に戦い続けた。しかし、12月24日、人類は戦うことを諦め、地球放棄・人類脱出計画「オルタネイティヴV」を発動してしまう。(ここまで前作「マブラヴ」UNLIMITED編)

そして3年後、目覚めるとそこは自宅だった。「元の世界」に戻れたと浮かれていた武だったが、家の外には3年前に見た光景が広がっていた。カレンダーはあの日と同じ2001年10月22日。武はタイムスリップしただけだったことに落胆していたが、未来を知っている唯一の人間として「オルタネイティヴIV」を完遂させ人類を勝利へと導くべく、国連軍横浜基地の門戸を叩く事を決意した。再び207部隊に編入した武は、3年間の従軍経験と未来の記憶、人並みならぬ覚悟だけでたった一人、戦いに臨む。

残された時間はあと2ヶ月。果たして武は未来を変える事ができるのか。そして人類はBETAに勝利することができるのか―――
(ウィキペディアより抜粋」)


このゲームがネタバレになってしまうんですけど
ループ構造になっているんですよね。


パくっているということですからループ落ちもパクるのでしょうか

巨人化した主人公たちが
2000年前にタイムスリップして壁を作るという事ですかね?


【根拠】
ループ物な可能性大
一話目のタイトルは「二千年後の君へ」

立体起動装置
3c2fcec4-s.jpg


巨人
82bc6203-s.png



a7c853d1-s.jpg
0d7c6221-s.jpg
髪が短いのは成長した後の4巻で
髪を切るようエレンに指摘された後からだから
未来の姿
ループ説が濃厚な理由。

アニメではそのシーンのみ
カットされたから
更に可能性高まった のである。





3.これに反してループ説否定 夢説

進撃の巨人は
北欧神話がベースの世界観。

夢説が考えられる理由として
ループ説は進撃の世界観に合わないということ。

次に巨人化したら歳をとらないような描写がある。
実際に通常巨人は壁ができて100年以上活動している点。


次に北欧神話のバルドルの存在。
バルドルはオーディンの息子でラグナロクで世界が滅びた後に
現れる新世界に甦りヘズと共に暮らすとされている。


つまり世界が滅びたあとに
生き返り再び地上に現れる存在となります。

これらを踏まえると冒頭の謎が解けます。


謎とされている

2000年後の君へと
冒頭のいってらっしゃいエレン
ミカサ髪伸びてないか?



これは物語の最後にエレンが巨人化し
て2000年の眠りにつくことが考えられます。
そのときに兵士である髪の短いミカサが
いってらっしゃいエレンと言って
別れを告げるのです。


その2000年後にバルドルと同様に
1度滅んだ世界でエレンが目を覚まします。

エレンとしては巨人化して
いってらっしゃいと言われ眠りについたあとに
1話のシーンを夢で見る。

当然兵士であるミカサと別れたばかりですから
夢では髪の長さに疑問を持って
あのセリフが出てくることになります。
掲示板より 引用)



いや、いろんな説がありますよね。

こんなにあると頭がおかしくなりそうです。



まだ読んでいないそこのあなた、
ぜひ一度お読みいただく事をお勧めします。




最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。